上海春澤中医クリニックからのお知らせ

中国においても、安全・安心の日本並みの治療を!

私たちは、中国でご活躍されている日本人の方々およびご家族の健康をお守りするため、西洋医学の先進性と漢方医学の根治性を併せ持った、そんな理想的な治療法に取り組んでいます

漢方は、二千年の歴史のある精錬された自然な治療方法で、一人一人のお身体に合わせて治療するため、検査データには現れない不定愁訴をも治すことができます。また、時間を要する治療方法と思われがちですが、病気によっては三日間で治すことも可能です。

中国でも安全な健康生活を皆様にお届けできる、皆様が安心してご相談できる、上海でのかかり付け医を私たちは目指しております。

適応症

①痛み(肩こり・首痛・腱鞘炎・腰痛・目の疲れ・坐骨神経痛・テニスやゴルフ後の痛み等)
②皮膚のトラブル(アトピー性皮膚炎・円形脱毛症)
③婦人科病(生理痛・生理不順等)の治療を得意としています。

<男性>

飲酒後の下痢(朝の腹痛)
性機能障害
前立腺炎
ストレスによるうつ傾向
高血圧・高脂血症
メタボリック症候群(肝脂肪)
口臭が気になる
抜け毛が多くなった
治りにくい風邪や咳
のどの痛み・違和感
花粉症
夏バテ
冷え症
食欲不振及び過食
便秘
ストレス性の下痢及び胃腸炎
ストレスによる緊張性頭痛
偏頭痛
禁煙できない
禁煙による過食
イライラや倦怠感
過呼吸症候群
疲労感が取れない
睡眠の質が悪い(不眠)
いびき
骨折後のリハビリ
帯状疱疹/帯状疱疹後の痛

<女性>

皮膚炎(顔や体のニキビや吹き出物)
抜け毛が多くなった
ダイエットをしなくてはならない
上海に来て、急に体重が増えた
疲労感が取れない
睡眠の質が悪い(不眠)
夏バテ
冷え症
食欲不振及び過食
便秘
イライラや倦怠感
ストレス性の下痢及び胃腸炎
ストレスによる緊張性頭痛
偏頭痛
顔・手・足のむくみ
花粉症
頻尿
膀胱炎を繰り返す
子宮内膜症・子宮筋腫
妊娠中のつわり
妊娠中の逆子
妊娠時や授乳時の風邪薬
乳腺炎・断乳したい・授乳困難
不妊
更年期障害
子宮頸がんの再発予防・異形成等

<子供>

小児湿疹
じんましん
あせも
水イボ
気管支喘息
アレルギー性鼻炎
風邪をひきやすい
下痢と便秘を繰り返す
繰り返しの嘔吐
摂食障害(食に興味が無い等)
おねしょ
夜泣き
寝汗
多動症(落ち着きがない等)
チック症状

上海春澤中医クリニックからのお知らせ

漢方薬の中にきれいなお花が多くあります


漢方薬の中に、きれいなお花が多いです。この中でも一番有名なのはバラでしょう。  きれいなバラは甘い香りがして、古代ギリシアには美と愛の象徴とされました。中国では昔から漢方の薬として活用しています。同じ薔薇の植物ですが、西のバラでは中国名は「玫瑰」と「月季」と別々に名づけられ、薬としての機能も違いますが、薬用部分は同じお花のつぼみです。

バラは理気薬に属されていますが、(理気と言うのが気の流れを整えるという意味です。)やや甘くて、かすかな苦み、体を温め、肝と脾にはいります。気をスムーズに流し、血液を調和し、気持ちを和ませます。これ以外、バラに近い機能を持っているお花の薬は、代々花(日本語名不明)、緑色のうめ、黄色の蝋梅などがあります。

月季花は理血薬に属され、甘くて体を温め、肝経に入ります。血液をサラサラにして生理不順に効き、浮腫みを消しますので、婦人科の良薬なのです。同じく機能を持っているのが、アサガオなどです。また、女性の美しさをたとえの名花「立てば芍薬、座れば牡丹」とも活血化瘀の機能があります。牡丹の薬用部分は根の皮ですので、薬用名は「丹皮」と呼ばれています。芍薬は更に赤芍薬と白芍薬に分けられ、赤芍とぼたんは同じ清熱解毒薬に配属され、白芍は養血薬になります。なんだか色々と細かくて分けられてわからなくなりますよね。

以上のお話の以外にもお花として薬になれるのが、金銀花、菊の花、蓮、菫、ケイトウ、ムクゲ(木槿)などがあります。お花を楽しみながら薬用機能も見つけた先人の知恵を感服します。

 
 

上海春澤中医クリニックからのお知らせ

 

 

▲ページの先頭に戻る

沪公网安备 31010102002883号