上海春澤中医クリニックからのお知らせ

中国においても、安全・安心の日本並みの治療を!

私たちは、中国でご活躍されている日本人の方々およびご家族の健康をお守りするため、西洋医学の先進性と漢方医学の根治性を併せ持った、そんな理想的な治療法に取り組んでいます

漢方は、二千年の歴史のある精錬された自然な治療方法で、一人一人のお身体に合わせて治療するため、検査データには現れない不定愁訴をも治すことができます。また、時間を要する治療方法と思われがちですが、病気によっては三日間で治すことも可能です。

中国でも安全な健康生活を皆様にお届けできる、皆様が安心してご相談できる、上海でのかかり付け医を私たちは目指しております。

適応症

①痛み(肩こり・首痛・腱鞘炎・腰痛・目の疲れ・坐骨神経痛・テニスやゴルフ後の痛み等)
②皮膚のトラブル(アトピー性皮膚炎・円形脱毛症)
③婦人科病(生理痛・生理不順等)の治療を得意としています。

<男性>

飲酒後の下痢(朝の腹痛)
性機能障害
前立腺炎
ストレスによるうつ傾向
高血圧・高脂血症
メタボリック症候群(肝脂肪)
口臭が気になる
抜け毛が多くなった
治りにくい風邪や咳
のどの痛み・違和感
花粉症
夏バテ
冷え症
食欲不振及び過食
便秘
ストレス性の下痢及び胃腸炎
ストレスによる緊張性頭痛
偏頭痛
禁煙できない
禁煙による過食
イライラや倦怠感
過呼吸症候群
疲労感が取れない
睡眠の質が悪い(不眠)
いびき
骨折後のリハビリ
帯状疱疹/帯状疱疹後の痛

<女性>

皮膚炎(顔や体のニキビや吹き出物)
抜け毛が多くなった
ダイエットをしなくてはならない
上海に来て、急に体重が増えた
疲労感が取れない
睡眠の質が悪い(不眠)
夏バテ
冷え症
食欲不振及び過食
便秘
イライラや倦怠感
ストレス性の下痢及び胃腸炎
ストレスによる緊張性頭痛
偏頭痛
顔・手・足のむくみ
花粉症
頻尿
膀胱炎を繰り返す
子宮内膜症・子宮筋腫
妊娠中のつわり
妊娠中の逆子
妊娠時や授乳時の風邪薬
乳腺炎・断乳したい・授乳困難
不妊
更年期障害
子宮頸がんの再発予防・異形成等

<子供>

小児湿疹
じんましん
あせも
水イボ
気管支喘息
アレルギー性鼻炎
風邪をひきやすい
下痢と便秘を繰り返す
繰り返しの嘔吐
摂食障害(食に興味が無い等)
おねしょ
夜泣き
寝汗
多動症(落ち着きがない等)
チック症状

上海春澤中医クリニックからのお知らせ

楊梅(山桃)


今年は旧正月明けから、果物屋で楊梅を見かけます。でも、地元上海の人たちはみんな、6月を過ぎ梅雨の頃にならないと、楊梅は美味しくないことを知っています。上海も梅雨入りした今、楊梅がやっと旬の季節を迎えました。楊梅の原産地は、浙江省余姚地域です。余姚の楊梅は、さほど大きくありませんが、赤みを帯びた黒紫色で、甘酸っぱく、独特な風味があります。その他の地域でも、いろいろな楊梅が栽培されていますが、余姚楊梅の味と比べると、何とも言えない違いがあり、食べてみないとなかなか説明できません。余姚の他、慈溪や寧波周辺の楊梅も美味しいです。日本の九州も楊梅栽培の歴史は長く、最近では美味しい品種が多く栽培されています。

湿気の高い梅雨の時期は、他の果物を食べると下痢になりやすいですが、楊梅だけは胃の調子を整え、下痢を止める効能があるので、少々多めに食べても大丈夫です。清《随息居饮食谱》には以下のように記述されています。「楊梅は甘酸っぱく体を温める。食べるとき少し塩を付けたほうがよし。のどの渇きを止め、活血効能があり、痰を消す。また、煩わしい気分を治める。塩や蜜に漬けるか、酒に浸けて保存する。干して、砂糖漬けにしてもよし。消化を助け、下痢を止める。大きくて甘い物がよし。ただし、食べすぎると血を動かす。特に酸っぱい物は良くない。発熱を伴う病気がある者は避けるべし。」

楊梅は外殻がないため、保存が難しく、特に水に触れるとすぐ腐ってしまいます。この梅雨は、わりと晴れた日が多いので、今年の楊梅は特に甘くて美味しいです。物流が発達したおかげで、朝採った楊梅が午後には食べられるようになりました。本当に贅沢な時代です。食べきれない楊梅は、冷蔵庫に2,3日おいても大丈夫です。3日ぐらい過ぎたら、お砂糖に漬けるかお酒に浸けるかしないと腐ってしまいます。以前、江浙あたりの人々はみんな自家製の楊梅酒を持っていました。夏になって下痢をしたときに、お酒に浸けた楊梅を食べると、腹痛や下痢を治すことができます。

 
 

上海春澤中医クリニックからのお知らせ

 

 

▲ページの先頭に戻る

沪公网安备 31010102002883号