上海春澤中医クリニックからのお知らせ

中国においても、安全・安心の日本並みの治療を!

私たちは、中国でご活躍されている日本人の方々およびご家族の健康をお守りするため、西洋医学の先進性と漢方医学の根治性を併せ持った、そんな理想的な治療法に取り組んでいます

漢方は、二千年の歴史のある精錬された自然な治療方法で、一人一人のお身体に合わせて治療するため、検査データには現れない不定愁訴をも治すことができます。また、時間を要する治療方法と思われがちですが、病気によっては三日間で治すことも可能です。

中国でも安全な健康生活を皆様にお届けできる、皆様が安心してご相談できる、上海でのかかり付け医を私たちは目指しております。

適応症

①痛み(肩こり・首痛・腱鞘炎・腰痛・目の疲れ・坐骨神経痛・テニスやゴルフ後の痛み等)
②皮膚のトラブル(アトピー性皮膚炎・円形脱毛症)
③婦人科病(生理痛・生理不順等)の治療を得意としています。

<男性>

飲酒後の下痢(朝の腹痛)
性機能障害
前立腺炎
ストレスによるうつ傾向
高血圧・高脂血症
メタボリック症候群(肝脂肪)
口臭が気になる
抜け毛が多くなった
治りにくい風邪や咳
のどの痛み・違和感
花粉症
夏バテ
冷え症
食欲不振及び過食
便秘
ストレス性の下痢及び胃腸炎
ストレスによる緊張性頭痛
偏頭痛
禁煙できない
禁煙による過食
イライラや倦怠感
過呼吸症候群
疲労感が取れない
睡眠の質が悪い(不眠)
いびき
骨折後のリハビリ
帯状疱疹/帯状疱疹後の痛

<女性>

皮膚炎(顔や体のニキビや吹き出物)
抜け毛が多くなった
ダイエットをしなくてはならない
上海に来て、急に体重が増えた
疲労感が取れない
睡眠の質が悪い(不眠)
夏バテ
冷え症
食欲不振及び過食
便秘
イライラや倦怠感
ストレス性の下痢及び胃腸炎
ストレスによる緊張性頭痛
偏頭痛
顔・手・足のむくみ
花粉症
頻尿
膀胱炎を繰り返す
子宮内膜症・子宮筋腫
妊娠中のつわり
妊娠中の逆子
妊娠時や授乳時の風邪薬
乳腺炎・断乳したい・授乳困難
不妊
更年期障害
子宮頸がんの再発予防・異形成等

<子供>

小児湿疹
じんましん
あせも
水イボ
気管支喘息
アレルギー性鼻炎
風邪をひきやすい
下痢と便秘を繰り返す
繰り返しの嘔吐
摂食障害(食に興味が無い等)
おねしょ
夜泣き
寝汗
多動症(落ち着きがない等)
チック症状

上海春澤中医クリニックからのお知らせ

梅の実


庭の梅の実がだんだんと黄色くなってきました。最近は以前のように、この季節に梅を採る人々の姿が見られなくなり、完熟した梅の実が寂しく枝から落ちています。気付かずに踏むと足が滑り、べたべたした果肉が地面に残ります。生活が豊かになったことで、梅を採る人がいなくなったとは、本当にもったいないことです。

梅は食材にも、生薬にもなります。三国演義の中に「青梅、酒を煮て、英雄を論ず」と言う物語が残されているように、中国では昔から梅の実を梅酒にして楽しんできました。また、梅干しは日本独特の保存食品です。柔らかくて塩辛く酸っぱい梅干しは、胃腸の働きを促すので、ごはんを美味しく食べることができます。日本の梅干しは、漬ける時にいっしょに紫蘇を入れるため、軽い風邪を治す効能もあります。風邪気味の時に、梅干しを入れたお湯を飲めば、大分楽になります。

梅の日本での生薬名は、中国の薬名と同じく烏梅(うばい)と言います。漢方では解熱や咳き止め、下痢止めとして使われています。中医では、烏梅は収斂薬に属しており、味は酸っぱく平穏な性質をもち、肝、脾、肺、大腸経に入ります。肺気を固め、腸の動きを調整し、津液を生み出し、回虫による腹痛や嘔吐を治します。薬の作り方の違いによるのかもしれませんが、漢方と中医では対応する症状が少し違います。しかし、いずれにせよ、梅は悠久の歴史がある食材でもあり、生薬でもありますので、これからの世代にも長く伝えていきたいと思います。

 
 

上海春澤中医クリニックからのお知らせ

 

 

▲ページの先頭に戻る

沪公网安备 31010102002883号